www.deafmanitoba.net

-

-

学校の教員の中には学力もあまり高くはない教員もいます。しかし、保護者の中には、学校の教員は学力も高く指導能力も優れたばかりの人が学校の教員になると思っている人もいるかもしれません。そのように考える人は、学校を理想郷か何かと勘違いしているだと思います。 教員になった人の出身大学は、国立大学である東京大学から地方の私立大学まで千差万別です。このように教員に採用される人は教員採用試験に合格する力がある人ならば誰でもなれる仕事なので、教員になる人のすべてが必ずしも高い学力を持っている訳ではないのです。 そもそも、学校とは効率的に学力をつける場所ではないと思います。学校とは、どう考えても無駄なことや、つらいことを非能率的に、みんなといっしょになってやる場所だと思います。つまり、学校とは忍耐力と協調性を養う場だと思います。 そもそも、勉強を効率的にやりたいのならば、予備校に行き勉強したほうが遥かに効率的に勉強はできるようになると決まっています。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.deafmanitoba.net All Rights Reserved.