www.deafmanitoba.net

-

-

腰痛にいたる原因を腰の構造から見てみます。 脊椎と脊髄の間の椎間孔からは、脊髄から分かれて手や足にいく神経が出ています。この分かれ目を神経根といいますが、ここを、とびだした髄核が圧迫してしまいます。腰痛はこのことが原因で起こっています。もし、髄核が左右のどちらかに飛び出したとすると、飛び出した側の神経を圧迫します。ときには両側に出ることも、また中央にとび出すこともあります。5つある腰椎のうちで、よくヘルニアが起こるのは、第4と第5腰椎の間、または、第5腰椎とその下の仙骨との間です。しかもこのとき、圧迫される神経は、坐骨神経を形づくる重要なもので、ヘルニアが生じると、単に腰痛だけでなく、お尻のあたりから、ふともも、ふくらはぎ、さらに、足指のほうにまで痛みがおこったり、足全体が重く感じられたり、ときには、しびれたりします。またヘルニアは、一度なってしまうと、再発の可能性が非常に高いため日頃からの生活習慣の見直しが大切です。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.deafmanitoba.net All Rights Reserved.