番茶の種類と由来について

-

-

日本茶には番茶と呼ばれている種類があります。

番茶とは日本茶の主流から外れているお茶の総称である為、摘み取った時期や地域又は品質等の違いによって意味が異なります。

番茶は四種類に大別する事が出来ます。

一つは若い芽の摘み取り後に遅れた芽や一番茶を摘み取った物です。

品質的には良好で専門的には一番茶と呼ばれる事もあります。

一つは仕上げを行う工程において扁平及び大きな茶葉の切断を行わずに製品化した物です。

頭、と呼ばれる事もあります。

一つはほうじ茶の別名です。

地方によってはほうじ茶の事を番茶と呼びます。

一つは三番茶を摘み取らずに伸びた枝葉を秋に摘み取る物です。

秋冬番茶と呼ばれる事があり、比較的量が多い傾向です。

ちなみに番茶と呼ばれる様になった由来には、番外のお茶である事から番茶と呼ばれている説と、摘み取る時期が遅かったお茶(晩茶)が転じて番茶になった説、番小屋と呼ばれている施設で待機している際に飲んでいたお茶である説等があります。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.deafmanitoba.net All Rights Reserved.