「一体なんでその若者は手の込んだ手法♪

-

-

直接でないカードの方法はたやすいです。

カードで直接取引できない物をストレートに買うという手法ではなく遠まわしに使って購入すれば得策です。

理屈が明快なため、まずはじめに券の例を使って示してみようと考えます。

人が素晴らしいアクセサリーを買いたいとそれを見てじっとしています。

持ちたい一流のアクセサリーを市販している店舗ではカードで取引することが不可能です。

ですがNICOSなどののギフト券を使えば支払いを許容してくれるようです。

ですからモデルになる個人はクレジットカードを使用してギフトカードを発注した後でを売っている場所に訪ねカードを使用してDiners clubなどの券を購入したとします。

そのあとクレジットを駆使して注文したJCB、American Express、Diners clubなどの券をショップに持っておもむき、求めていたブランドアクセサリーを注文したとします。

「一体なんでその若者は手の込んだ手法をするべきなの?」と疑うかもしれませんが実のところ上記で述べたやり方を使うのだったらだと貯まることのないカードポイントがつきます。

普段通り、お金を支払って一流のバックを取り寄せしたりした場合クレジットポイントは得られませんしAmerican Express、NICOSなどの券を即金で買い付けした上で使ってもクレジットポイントは獲得できません。

けれども今説明した例の時はVISA、Diners clubなどの商品券をクレジットカードで注文したので、価値のある財布を取り寄せしたケースと同等の分のクレジットポイントが貯まる事になるのです。

こういう例が段階を踏んでローンを活用した状態になるので、間接的クレジットカードと言われている仕方です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.deafmanitoba.net All Rights Reserved.