買取する際の待遇も異なってきますので

-

-

自動車重量税、通称重量税とは国産車でもイタリア車というような自動車の生産国や低公害ディーゼルエンジン搭載車、ステーションワゴンという車のタイプに例外なく、例えば、レクサスやクライスラー、等にも変わりなく負担が必要な税金のことをいいます。

新車を登録する際または定期的にある車検のさいに払わなければいけないお金になります。

その税額は対象となる愛車の大きさで決まっています。

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は全く違う税金のため、きちんと学んで勘違いしないようにしましょう。

「自動車重量税とは車重毎に」「自動車税というものはリッター数により」その額が変わります。

買取する際の待遇も異なってきますので、注意しましょう。

クルマを売却するときには既に支払った車の金額がどれだけ残っていた場合でも、その税額が返ってくることはないのです。

一方自動車税の時は支払い済みの残存税額を買取金額に足してくれる場合がなくはないですが、重量税の時は上乗せしてくれる場合はほとんどないのが現状です。

重量税については、車を売るときに既に納付した税額があるからと言って自動車専門業者側でそのことが材料になるケースは少ないと思います。

そのためその次の支払い、つまるところ次の車検まで売却を保留し買取っていただくという手法がベターでしょう。

自動車買い取りの時は考慮してもらえない重量税ですがある条件の場合だと返ってくる可能性があります。

その時は、車検が残ったままの車を廃車にするケースです。

要するに抹消登録をすれば残っている車検期間に従って金額が返金されます。

ですが、車買い取り時はそのクルマが廃車されるのとは異なり還付されません。

それから、愛車の名義の変更をしてしまった時や、盗難被害に遭った際も返金してもらうことは不可能です。

自動車重量税の残存期間がある車を手放すというのは、要するに車検がまだあるクルマです。

その辺りを店側も考慮しますから自動車重量税の残存期間があればある程度売却額が上がることでしょう。

当たり前ですが買取額は業者によって違ってきますが車検が残っていることが考慮されれば、クルマの査定額からみたらあまり損をするということもありません。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.deafmanitoba.net All Rights Reserved.