なぜかというと今あなたが破産手続き

-

-

破産申告を考えている人で自分の債務に関してその保証人が存在する場合は、きちんと話をしておいたほうがいいでしょう。

もう一度、強調させていただきますが、債務に保証人がいるときは、自己破産の前段階でよく考えるべきです。

なぜかというと今あなたが破産手続きを取って免除がおりると、その保証人があなたの負債を全部負う義務があるからです。

ということから、破産申告の前に保証する人に詳細や現在の状況を説明して謝罪をしなくてはいけないでしょう。

保証人になるひとからすれば不可欠なことです。

負債者のあなたが破産申告するのが原因でまったなしに何百万円もの債務が回ってくることになるのです。

それで、以降の保証人になってくれた人の考慮する手段は次の4つです。

一つの方法は、保証人が「すべて弁済する」という選択肢です。

保証人となる人がすぐにでも多くのポンと返すことができるぐらいの資産を用意していれば、この手段が選択できるでしょう。

でもその場合、自分は破産申告せずにあなたの保証人に立て替えを依頼して保証人である人に月々一定額を返すという選択肢もあるのではないでしょうか。

保証してくれる人が良いパートナーであるのならばある程度完済期間を猶予してもらうこともできるかもしれません。

いっぽうでまとめて返金が不可能な場合でもローン業者も相談により分割払いに応じてくれます。

あなたの保証人にも破産宣告を行われてしまうと貸したお金が一銭も戻ってこないことになるからです。

保証してくれる人がその借金を全額払う経済力がなければ、あなたと同じくある中から借金の整理を選択が必要になります。

2つめの選択肢は「任意整理」です。

この方法は貸金業者と落としどころをつける方法により、おおよそ5年弱のあいだで弁済していく形を取ります。

この問題で弁護士に依頼する場合の費用の相場は1社につき約4万円。

もし7社からの借金があればだいたい28万円必要になります。

当然相手方との話し合いを自分でチャレンジすることも不可能ではないかもしれませんがこの分野の経験のない人だと相手が自分に有利なプランを押してくるので気を付けなければなりません。

それと、任意整理になるとしたとしてもその保証人に借り入れを代わりに払ってもらうことになるわけですからあなたもたとえ少しずつでも保証人になってくれた人に支払っていく必要があります。

続いて3つめはその保証人も破産した人と同様に「破産申告する」という選択です。

保証人である人も返済できなくなった人といっしょに破産申告すればあなたの保証人の返済義務も消滅します。

ですが、もし保証人が土地建物等を所有しているならば所有する資産を失ってしまいますし、司法書士等の職務にある場合などは影響を受けます。

そのような場合は、次の個人再生を活用できます。

最後に4つめの方法としては「個人再生という制度を利用する」方法があります。

土地建物等を手元に残したまま負債の整理を望む場合や、自己破産では制限がかかる業務にたずさわっている人にメリットのあるのが個人再生という制度です。

この方法の場合不動産は残せますし、破産手続きのような職業にかかる制限、資格にかかる制限がありません。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.deafmanitoba.net All Rights Reserved.