ということを確認します

-

-

キャッシングをご利用する際は、ご利用するサービスの審査を受け、その審査をクリアする必要があるのです。

そうした審査において、利用者のどういった項目が見られるのでしょう。

融資する会社は審査申込みを受けると、まず自社の登録名簿に申込み登録者がもうエントリーされているかそうではないのか、ということを確認します。

それから、信用情報機関などに確認して、キャッシングサービスを受けようとしている方の記録があるか否か確認します。

次に、申込みした方の歳や以前の利用履歴と、個人的な情報の方からもみていくのです。

総合的にみて、キャッシングサービスを承認するかどうか、どれだけのお金の貸付けを承認するかジャッジしていきます。

厳しい審査を通ることで、キャッシングカードが、作られ、キャッシングサービスを使用することができるようになるのです。

キャッシングサービスを受けるための申し入れには、審査依頼者の個人に関する情報といえるもの全て提供するつもりで望む必要があります。

自分のことはもちろん家族のことや職業や勤め場所や、住宅の環境なども審査事項に追記が必要です。

お金の貸付け会社の厳しい審査では、そういう判断する項目のことを属性と言い、チェック項目の中でも、特別に重要とされる属性が存在します。

そこに問題が出てしまった際は、審査基準を通過する可能性は低いです。

重要視される属性は、申込み者がどんな方なのかということをジャッジすることができるべきで、裏付けがあるものについては重視される動きがあるようです。

重要視されるチェック項目の中でも、収入レベルがわかる属性も重要視されます。

年収は重視されると思われるかもしれないのですが、実は年収は自己で申告が可能なので、月の収入自体確証ができない限りはそんなに重視されるものでないようです。

嘘の報告も可能なので、確認できるものより重要視することはないはずです。

また、職種の面では、特に「安定している職種」職業であれば、難しい審査にも関わらすプラスになります。

公務員などがその例で、それに加えて次ぐ職種では安定率の高いホワイトカラーと言われるサラリーマンなどです。

審査に不利となってしまう業種はその逆で、「退職率が高い職種」なはずです。

接客業や、日雇いの労働、個人事業主や、芸能人なども、安定している職業と見られずらく、審査そのもの自体がパスしづらくなります。

その他にも、住み家の面では、持ち家であるかというポイントは当然重視されるはずですが、持ち家か否かと同時に、住んでる年数も非常に重視することは豪華な住宅を持っているどうなのかというよりかは、どういう家であってもずっと住んでいるほうが審査そのもの自体は有利です。

長期間住んでいるので、信用できるのではないかジャッジされるのです。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.deafmanitoba.net All Rights Reserved.