金融業者も話し合いにより分割による支払いに応じるものです

-

-

破産手続きをする人で負債に関しその保証人が存在するときには前もって話しておいた方が良いです。76-12-112

ふたたび、強調させていただきますが借金に保証人が存在するときは、破産の前段階でちゃんと考えなければいけません。76-19-112

というのは自分が破産申告をして受理されれば、その保証人があなたが作った返済義務をすべて負う義務があるからです。76-3-112

破産申告前に至った詳細とか現状について説明し、謝罪をしておかなければいけないでしょう。76-2-112

これらは保証人となる人からすると当然のことです。76-20-112

友人等のあなたが破産手続きを取ることにより、まったなしに何百万円もの債務が回ってくるのですから。76-18-112

そうすると、その後の保証人になってくれた人の取るべき手順は以下の4つです。76-4-112

一つめは保証人である人が「全部返金する」ということです。76-17-112

あなたの保証人がすぐにでも数百万ものカネをラクに返せるというような貯金を持ち合わせていればそうすることが可能でしょう。76-11-112

しかしながら、あなたが破産宣告せずにあなたの保証人に借金して、保証人となる人に定額返済するという解決策もあるのではないでしょうか。76-7-112

また保証人があなたと親しい関係にあるのなら返金期間を繰り延べてもらうことも不可能ではないかもしれません。

保証人が一括で返すことができない場合でも、金融業者も話し合いにより分割による支払いに応じるものです。

あなたの保証人に破産手続き行われてしまうと借金がなにも戻ってこないことになってしまうからです。

その保証人がそれらの借金を代わって背負う財産がない場合は、借金しているあなたと同様に何らかの債務整理を選ばなければなりません。

2つめは「任意整理」によって処理することです。

この方法を取る場合貸した側と話し合うことにより3〜5年の期間内で弁済していく形になります。

弁護士事務所に依頼する場合のかかる経費は1社ごとに約4万円。

もし7社から借金がある場合28万かかることになります。

貸金業者との示談を自分でチャレンジすることもできないことはないですが、法的な経験がない素人の場合債権者側があなたにとってデメリットの多いプランを用意してくるので、気を付けなければなりません。

任意整理になるということは保証人となる人に債務を代わりに払ってもらうことを意味するのですから、借りた人はちょっとずつでも保証人になってくれた人に返していくべきでしょう。

3つめですがあなたの保証人も返せなくなった人といっしょに「破産申告する」ということです。

保証人である人も破産した人とともに自己破産をすれば、保証人である人の債務も消滅します。

しかしながら、戸建て住宅などを持っているならばその個人財産を失いますし法令で資格制限のある仕事をしているのであれば影響は避けられません。

そのような場合は、個人再生制度を活用できます。

一番最後の4つめの手段は「個人再生制度を使う」こともできます。

住宅等の不動産を残して負債整理をする場合や、破産宣告では資格に影響する職に従事している場合にふさわしいのが個人再生による整理です。

この方法の場合自分の家は残りますし破産手続きの場合のような職種にかかる制限資格に影響する制限等は一切ありません。


Site Menu

76-8-112 76-9-112 76-15-112 76-14-112 76-16-112
Copyright © 2000 www.deafmanitoba.net All Rights Reserved.