絶対に没収となるようなことはありえないと言ってよいでしょう

-

-

クレジットカードの強制退会とはその名が表す通り理由の如何にかかわらずクレカを退会(停止)されてしまうことを言います。

強制失効になると言うまでもないですがそれらのクレカはその時以降何をしても使えなくなる。

強制退会扱いとなる事象は色々・・・クレジットを有無を言わさずに没収させられてしまう事情は色々です。

基本的には普段のショッピングにて決済するなど普通にクレジットカードを使っている場合、皆様が没収扱いとなってしまう原因というものはそうありませんので心配なさらずにいて欲しいですが失効となるかもしれない事情に関して記憶しておくということができればクレカがなお安全に利用できることにもなると思われるため、こちらではそのパターンの具体例を取り上げ言及できればと考えます。

言えることはクレジットカード会社からの信頼を失ってしまう振る舞いをしたりすることやクレジット会社にとって不利益となってしまうような行動をしないでおけば、絶対に没収となるようなことはありえないと言ってよいでしょう。

気持よく使用することが一番なので、もう当てはまるような行為をやってしまったことがおありの読者はこれからはしっかりと綺麗な履歴とするよう精進して頂きたいと思います。

代金を払わない→このケースはもう言うまでもない行為ですがカードで購入した代金を発行会社に払わない請求額の踏み倒しをした場合、日頃からの借入生活によって料金の返済が出来ないという時は、必ずと言っていいほど没収という処理がされることになるでしょう。

元はといえば相手方は契約者を信じているからクレジットカードを利用させているのだから利用者が支払いを履行しない限りにおいてはその信用残高は完璧になくなってしまうでしょう。

そういったことから、クレジットカードを使用不可にするという手続きでそれ以降の損害を未然に防ぐ対策をしなくてはならないので失効になるわけです。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.deafmanitoba.net All Rights Reserved.