自動車税なるものが徴収されます

-

-

車を持つ方は承知していると思いますが、自動車税なるものが徴収されます。

それでこの税金は中古車の買取の際に還ってくる税金なのです。

このことは実際にやってみたらすぐ理解できますが、では最初から順番に詳細に紹介しましょう。

説明をするとすれば国産で生産された車だけでなくイタリア車等も税金が返還されることになってきます。

これは所有車などもそうです。

自動車税というのはクルマの所有者が払わなければいけない税なのですが、自動車の排気量の大きさによって決められています。

1リッターより小さいなら29500円となり1リッターより上で1.5リッターまでが34500円です。

これ以上は500ccごとに5000円増えていきます。

自動車税は4月1日の時点の所有者が来年3月までの全額を納めることになります。

つまりは前払いということですから、もちろん自動車を手放して所有権を手放した場合には先に払った分のお金は戻ってくるんですね。

この税の場合は事前納付で来年3月までの税額を納めるのでその年度内に愛車を手放したときは、入れ替わった保有者がこの税を納めなければいけないということになります。

買い取った相手が中古車買い取り専門店の場合は、売却時に自分が支払いすぎたお金を返還してくれます。

まとめると、所有権を手放した瞬間以降の税額は権利が移ったオーナーが支払い義務を負います。

例えば10月の間に自動車を買い取ってもらったなら11月から来年3月中までの払ったお金は戻ってくるのです。

それは前述の通り自動車税は一年分を前払いしているという事実からも明らかです。

ということは、売却者は売却先に税を返してもらうということなのです。

業者を介さずにクルマを手放す際に何気にこのような大事な事実を忘れている人がいますため確認をとるようにしなければなりません。

自動車税が自動車を手放すと返金されることをほとんど知っている人がいないからと言って、そのことを悪用している悪質業者も存在します。

こちら側から税金に関して話を切り出さなければ一切自動車税のことについて触れないというケースもたびたび聞かれます。

ですから愛車の買取をする時には、税金が返還されるかどうかをチェックすることをおろそかにしないようにしてください。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.deafmanitoba.net All Rights Reserved.